40代の仕事探しの情報

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
転職成功のノウハウなど転職に関する役立つ情報満載です。

 

1 これからが本番

学校を卒業してから20猶予年、培ったスキルは相当なものになっている筈です。今では担当外のことまで何となくこなしてしまえるほどになっているのではないですか。 それでこそ、仕事探しも優位に行えるというものです。
 先のリーマンショックでリストラに遭った中高年諸氏。急いで再就職先を探した挙げ句外れ籖を引いてしまった、といった中高年。その影響を受け、いま高いスキルを有した40代がたくさん転職市場に待機しています。
こうした現状を幸いなことに多くの企業が注目しはじめているのです。
市場がグローバル化していくほど、リスクは広範囲からやってくる危険性が高まります。こうしたリスクからより強固な企業体質の構築を図ろうとしているのです。
能力ある40代はこれからが本番です。

 

2.40代、人生最後の仕事探しとするために

転職は物心共に計り知れない労力を使います。40代ということもありますが、これが最後の仕事探しにしたいものです。ですからこれまで培ってきた貴重なスキルを如何に要領よく、効果的に伝えるかがとても大切になってきます。
ここではその為の主なポイントを挙げてみましょう。

 

1)広く浅くのスキルは無視する
40代の人材を欲する企業が欲しいのは何でも屋ではありません。そうした人材が欲しいならば、3〜4年程度で様々な職を転々としていたり、フリーター経験者の方がいいかもしれません。
しかし、それなりの報酬を用意して採用しようとする企業はそうした人材は基本的には欲しがりません。何より、人に指導できる、先導できる、一目おかれるほどの専門スキル保有者がお望みなのです。それでこそ長年培ったスキルに相応しいというものです。

 

2)柔軟性をもつ
専門性が重要とはいえ、専門外のことはやらない、というのでも困ります。企業はが組織ですからその組織に順応することが大前提です。これは何でもこなせるゼネラリストになれ、というのではありません。協力精神を持つということです。

 

3.まとめ

40代からのリスタートは夢物語ではありません。しかし高い志と、その志が単なる目標ではなく、ほぼ確実に達成できるだろうと思わせるスキルの裏付けが必要です。
その為には自分のスキルと真正面から向き合って、求められているスキルと合致するかを見極めてから採用試験に挑みましょう。
なにより最後の仕事探しとすべきですから、それが結果的に最適な仕事探しの近道となるのですから。